12

「手すりにつかまろう」キャンペーン!意味あるの?賛成?反対?

全国の鉄道各社や空港などでは、
2015年7月21日、
エスカレーターのを安全に利用するため
「みんなで手すりにつかまろう」
キャンペーンを開始しました。

筆者も出かけたときに、駅で
「エスカレーターは歩かない」
よう、呼びかける放送が
流れているのを聞きました。
実際に、この取り組みの
効果はあるのでしょうか?

筆者は、「エスカレーターは歩かない」
ということに正式に決まったとしたら
不便でしょうがなくて嫌だなーと思います。

今日はこのキャンペーンについて
考えましょう。

スポンサードリンク


<エスカレーターの危険性>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日本では、エスカレーターの片側は
歩く人のために、スペースを空けておくのが
暗黙のルールとなっていますよね。

しかし本来、エスカレーターは歩くことを
前提につくられていないということで、
歩いてはいけないのだそうです。
確かに、狭いステップを
駆け上がったり、駆け下りていくことで、
事故につながることがないとは言えません

実際に、他の人に傘が刺さったり
他人にぶつかって、将棋倒しのような
事故が起きているようです。

 

 

<賛成?反対?>

先日、エレベーターでの「指切断事故」
があったように、
毎日当たり前のように使っているものでも、
絶対に安全
ということはありません。

そういう意味では、
これまでに事故が起きている以上は、
このような対策をしなくては
いけないのかもしれません。

スポンサードリンク



***でも、筆者は反対です***

100%安全でないことは分かりました。

しかし、完全に禁止するというのは
どうでしょう?

テレビのコメンテーターの人も
日本のような先進国だったら、
急いでいる人に道をあけるというような
意識を持てることが大切だと話していました。

歩いてはいけないとなったら、不便ですよね
エスカレーターじゃないところで
猛ダッシュしたりしちゃうかも(**)

逆に危ない・・・
大切なのは―
1人1人がある程度の危険
意識するってことですよね。

それが出来れば、歩いたって
大きなトラブルにはならないはずだし、

それすらできない人は、
こんなキャンペーン気にも留めません。

 

 

何が言いたいかというと、
今回のキャンペーンは、
「手すりにつかまらせることが目的」
ではなく、

エスカレーターの危険性を再認識する
機会であるということです。

今回キャンペーンをしたからって、
長年の日本のルールを
簡単に変えられるわけありません。

ただ、1人1人の頭の隅っこに、
「エスカレータも危険があるんだ」
いうことが、少しでも残れば、
今後の行動が変わってくると思います。

スポンサードリンク