rogo

佐野研二郎、パクリ疑惑はマジ!?これまでの作品から実力を検証!

東京オリンピックのマーク
パクリ疑惑が浮上し、話題となっている
佐野研二郎さん。
nihon

いったい何故、今回のような騒動に
なってしまったのでしょう?

本当に実力がある人なんでしょうか?
佐野さんのこれまでの作品から
本当の実力を見てみましょう。

スポンサードリンク


<パクリ疑惑まとめ>

その1)フランス
フランスのデザイン会社
Studio Debie』が制作
デザイナー:Olivier Debie
furansu

形がそっくりです!

2013年にベルギーの劇場
テアトル ド リエージュ」の
エンブレムに。

 


その2)スペイン

『Hey Studio』が制作
spein

色使いがそっくりです!

これは、東日本支援のために描かれたもので、
イメージが日本ということですね。
なので、カラーが酷似しているのだと
思われます。

スポンサードリンク


<佐野研二郎 主な作品>

パクリ疑惑が浮上している
佐野さんのこれまでの作品とは、
いったいどのようなものなのでしょうか?

『LISMO』
『日清 ラ王』
『金のつぶ とろっ豆』
などなど・・
p_toro_08838A83X83822
その他、
宇多田ヒカル井上陽水YUIなど
アーティストのジャケットデザイン

 

佐野さんのことは、
今回の件まで、全く存じ上げませんでしたが

身近なところに佐野さんデザインのものが
あったんですね!
結構すごいともお仕事されているようですね。

 

 

<本当にパクリ?>

オリンピックのマークを発表すると、
似てる!という人が出てくることは
毎度のことらしいですね。
筆者は、佐野さんが自分の経歴に
キズをつけるようなことをするとは
思えません。

きっと、たまたまだったんでしょうね。
強いて言うなら、
誰でも思いつくようなアイディア
だったということでしょうか?
せっかくオリンピックのマークに選ばれた
というのに、パクリだなんて言われて、
なんだか可愛そうです。

早く疑惑が晴れるといいですね!

スポンサードリンク