YOTA85_husaiyou215135819-thumb-815xauto-14196

『オワハラ』が就活生を襲う!パターンと対処法のまとめ!

8月1日から、いよいよ
就職活動本格化しますね!

就職活動の中で、オワハラという言葉が
浸透しつつあることを知っていますか?

就活生を襲う、
オワハラ』の意味とは?
オワハラ』にあったら?

スポンサードリンク


<オワハラの意味>

オワハラとは・・・
就職活動われハラスメント
のことです。

近年、学生の就職活動が
後ろ倒しになる傾向です。

企業側としては、
後から選考をする企業に、
いい学生を取られたくないために、

就職活動の終了を明言
しなければ内定を出さない

ような発言をするのです。

resize

就職活動開始の後ろ倒しは、
企業側・学生側
どちらにとっても時間がなく、
大変なのに、一方的ですよね。

 

そういえば、 筆者も
これに近いことを言われた
経験があります。

 

 

<オワハラのパターンと対処法>

オワハラには
4つのパターンがあるようです。


パターン1

内定と引き換えに
就職活動を終われと要求

わかりました」と了承し、
普通に他社の選考も進めてしまって
問題ないのですが、

酷い場合は、その場で電話を掛けさせる
こともあるようです。

対処法
志望度の低い企業などに電話し、
辞退する姿を見せて納得してもらうなど

 

 

パターン2
懇親会や社員との食事の機会を頻繁に
設け、内定辞退をさせにくくさせる。

対処法
これは情に訴えてくるパターンですが、
そういった理由で入社するのはやめましょう。

スポンサードリンク


パターン3
必要以上の、選考期間・選考時間・選考頻度
で拘束し、他の選考を
受けさせないようにする行為。

対処法
「法要」や「卒業にかかわる発表」など
どうしても行けないという理由を示して、
日にちの変更を申し出ましょう。

 

 

パターン4
内定時に誓約書を書かせて、
入社するよう迫る。

対処法
誓約書を書くと、絶対に入社しなくては
いけないと思ってしまいますよね。

しかし、実際そんなことはないようです。
入社せずに損害賠償を求められることが
ありますが、認められることは
ほぼないようです。

 

 

<大切なこと>

そもそも、こんな風に
学生に対して脅迫まがいなことをしてくる
なんて、ろくな企業じゃないと思います。

企業は行って見ないと分からないことが
たくさんあります。

第1志望と思っていても、実際行って見たら、
残念な対応だったということもあります。

とにかく、イメージで決めつけたり、
思い込んだりしないことが大切です。

自分の可能性を奪うような
ブラック企業に入社しないよう

気を付けてくださいね!

スポンサードリンク