河瀬

「河瀬直美監督」の結婚・離婚歴、子ども、学歴・経歴を公開!!

河瀬直美監督が、話題になっていたので
注目してみました!

河瀬直美監督の、
プロフィール・家族・学歴・経歴など
まとめて見ていきましょう!

スポンサードリンク


<プロフィール>

photo99682-546x364

生年月日:1969年5月30日
出身地  :奈良県奈良市
職業     :映画監督・脚本家

 

***学歴****

高校 :奈良市立一条高等学校
大学 :大阪写真専門学校映画科卒業

 

 

<主な作品>

1995年
自主製作映画
につつまれて」「かたつもり」が
注目を集める。


1997年

初劇場映画 「萌の朱雀
カンヌ国際映画祭カメラドール受賞

 

2007年
殯の森
審査員特別大賞グランプリ受賞

 

2009年
「黄金の馬車賞」受賞

 

2015年
あん」公開

 

などなど
多数作品を発表されており、
たくさんの賞も受賞されています。

 

しかし、日本では
イマイチ人気がないというか
大ヒット!とならない印象ですよね。

スポンサードリンク


<海外での評価>

前述した以外にも
たくさんの賞を受賞されています。

2015年には、フランス芸術文化勲章
シュヴァリエ勲章を受賞し、

カンヌ国際映画祭ある視点部門
オープニング作品にあん選ばれるなど、

海外での評価は高いようですよ!

 

 

 

<家族について>

***離婚歴****

日付は分かりませんが、
最初の結婚相手は

萌の朱雀のプロデューサー
仙堂武則さんでした。

 

その後、仕事など考え方の相違で
2000年に離婚

2004年
地元の同級生と結婚し、
子供を出産しています。

 

お子さんは男の子で、
お名前は光祈くんです。

ab4f19808812c580e5954d347ba27975-e1433017049498

もう11歳くらいなんですね!

 

映画監督と母親の両立は本当に
大変だったと思います(**)
本当にすごいです!

 

 

 

<河瀬監督の評判>

河瀬監督の評判は、調べてみても
どちらかというと
悪いイメージのものが多いように思います。

●映画がつまらない
●刺青がある
●話し方がむかつく

など・・・

まぁ感じ方は人それぞれなんですが、
少なくとも映画がつまらない
というのは違うんじゃないかなぁ
と思います。

 

これだけたくさんの賞を
受賞されている方ですから、

日本でこれといったヒット作がないのが
不思議なくらいです。

 

もちろん、実際に作品を見て
感動したという意見もありますし―

もしかしたら、
少し難解な作品なのかもしれません。

深い作品が故に、「つまらない
思われてしまうのかもしれませんね。

 

とは言え、
実際筆者も、河瀬さんの作品は
見たことがありませんので
推測でしかありません・・・

これを機会に、
河瀬作品を見てみたいと思います!

スポンサードリンク