藤江珠希のダサイ「おもてなし制服」!?何でこのデザイン?

b73db24abb4300fb05e46bd40597d60a_22736

先日、2020年の東京オリンピックで観光
ボランティアのユニフォームが公開されまし
た。
デザインを担当したのは、テキスタイルデザ
イナーとして、大胆なデザインで有名な
「藤江珠希」さんです。
今回のデザインは、コンペを実施し、都の役
人やボランティア従事者、ファッションの専
門家などの審査によって決まったそうです。

 

 

藤江珠希は、今回のデザインについて・・・
・町を歩く人と間違えられないこと。
・ポロシャツでも、正装感を出すこと。
・過去のユニフォームカラーを参考に、
青、白、赤でまとめること。
・案内係であることが伝わるよう「i」を
プリントすること。
などをポイントとして挙げられています。
そして、ディズニーランドのクルーのような
服をイメージしたデザインにすることにより
話しかけやすいデザインにしようと考えたと
語っています。

ネットでは、今回のデザインについて、
「パンツとトップスの合わせがひどい」
「センスがない」「恥ずかしい」などネット
上では、散々な言われようです。そういった
批判の声もたくさん挙がっているのは事実な
ようです。確かに、カッコいいかと聞かれる
と微妙ですよね。どちらかというとダサイ感
じです。

スポンサードリンク


藤江さんの他のデザインを見ると、とっても
カッコいいデザインが多いので、今回のもの
は、あえて「係員丸出し」というスタイルに
したのだと思います。
ただ、これがクールジャパンとは思われたく
ない感じですね。
とにかく、藤江さんが語っていらっしゃるよ
うに、“町を歩く人と間違えられない”デザ
インではありますよね。「パッと見」で何か
の係の人だ!ということは分かります。それ
が1番大事なことだと思うので、これが採用
されたのかなと思います。

藤江珠希さんは、「立教大学」の出身で、
アントワープ王立芸術アカデミーを経て、
セントマーチンズ美術大学ファッションプリ
ント科を卒業されました。
その後、「アレキサンダー・マックイーン」
で研修し、帰国後デザイン事務所を設立され、
現在に至っています。

今回のデザインについて、「私なりにベスト
を尽くしてデザインした」と語っている藤
江さん。今作の評判はイマイチという感じ
ですが、他の作品や、今後の活躍に注目が
集まりそうです。

スポンサードリンク