大阪府庁「全面禁煙」を撤回!理由はみっともないから!!

cigarette-in-ashtray-vector_23-2147495818

大阪府は7年前に、橋下徹前知事が実施した
「庁舎敷地内の全面禁煙」を撤回し、喫煙ス
ペースを復活させることを決めたと発表しま
した。
「全面禁煙」を決めたは良いものの、職員が
庁舎の周辺で路上喫煙する行為が多発しまし
た。それが問題となり、今回府庁敷地の一部
に喫煙スペースを設ける
こととなりました。

スポンサードリンク



全面禁煙は、「喫煙時間は休憩と同じ」だと
橋本前知事が決めたことで、2008年5月
から実施され、執務時間中の禁煙が義務づけ
られていました。
しかし、お昼休みなどは勤務時間外なので、
お昼の時間帯に路上でタバコを吸う職員が続
出したようです。
その様子に苦情が寄せられ「路上喫煙禁止」
の紙を張るなどの対応をしてきましたが、
「逆にみっともない」との指摘があり、
今回の「全面禁煙撤回」となりました。

筆者はタバコを吸いませんし、タバコを吸う
時間は“休憩時間になる”と思っているので、
勤務中の禁煙には大賛成です!!
小さい会社なんかだと、会社内での分煙も徹
底されていなかったりするので、非喫煙者に
とっては苦痛ですよね(**)
お昼休憩の時間などは各自自由ですから、ご
自由にという感じなのですが・・・

スポンサードリンク



しかし、大人として「路上喫煙禁止」という
場所で「タバコを吸ってはいけない」という
ことくらい分かりますよね?
いくらお昼休憩の時間でも、社会人として、
大人として、正しい行動をしてほしいなと思
います。そういう行動が、「喫煙者」に対す
る、偏見を大きくしてしまう
のではないでし
ょうか?
筆者も喫煙スペースでタバコを吸っている人
のことは別に何とも思いませんが、路上で歩
きタバコをしている人や、そのままポイ捨て
しちゃう人なんかを見ると、喫煙者という括
りで嫌いになります。
喫煙者も、非喫煙者も、お互いに気持ち良く
過ごしたいですよね。そのためにも決められ
たルールは守っていただきたいです。

大阪府庁内に新しく設置される喫煙スペース
は、9月中旬ごろ完成予定だそうですが、新
しい喫煙スペースには、灰皿を置かないんだ
そうです。
今度はきちんとルールを守って、1人1人
帯灰皿を必ず持参
してほしいですね。間違っ
てもポイ捨てなんてしないようにお願いした
いです。

スポンサードリンク