新国立競技場どーなる!? セカンドベスト尽くしておもてなし!

3380c_1302_798d64fabb20f979f9006dec6727ab60

「総工費が高すぎ!」ということで、
『新国立競技場』が連日ニュースになってい
ますよね。2020年の東京オリンピック・
パラリンピックのメイン会場となる予定の
新国立競技場。その屋根を付けるか付けない
かということが話題になっています。屋根部
分だけで工費は950億円
になるといい、初
めに提案されていた金額の倍近くにまでなっ
てしまとのことです。体育館は維持費もかか
るし、そんな莫大な費用をかけて作る必要が
あるの?という意見が圧倒的に多いように思
います。

スポンサードリンク



しかも、その体育館の維持費絵を、都内で働
いている人から徴収するなどのサプライズ発
言も飛び出し、筆者は「屋根なんかいらねー
よ!」って叫びました。そんなことに税金使
うなら、「保育園を作る」とかそういうこと
に使ってほしいですよね。

現在、工費を抑えるため、“根本からデザイ
ンを見直す必要があるのでは?”
との声も出
ていますよね。しかし、新国立競技場は、
2019年に開催される「ラグビーのワール
ドカップ」の会場にもなっているため、間に
合わないことが懸念されています。
ただでさえ間に合わないと言っているのに、
ダラダラしてる間に時間だけが過ぎていきま
すよね・・・

スポンサードリンク



そもそも、今回問題になっている「競技場の
総工費」に限らず、2020年の東京オリン
ピックに関して、筆者はいろいろ疑問に思っ
ています。日本が2020年のオリンピック
開催地に立候補した際に提案したものと、現
在の内容がだいぶ変わってきてしまっていま
すよね(**)
初めは、“都市の中心で開催するコンパクト
な大会”
ということでプレゼンしていたはず
でした。それなのに、施設の建設中止や、会
場変更が検討されているものがいくつもあり
ます。

筆者は「こんなことでいいの?」と激しく思
うのですが・・・ ここまで変わってしまっ
ては、ただの“サギ”では?
日本と同じく2020年のオリンピック開催
地に立候補していた国からは文句が出そうで
す。まぁこれ以上費用をかけられない事情も
分かります。
競技場のことも含めて、「セカンドベスト」
として、精一杯選手のことを考えたおもてな
しをしてほしいと思います。