img_a615c94793767bd8945316799b81bd70163945

大村智教授の性格や苦労時代とは?家族や実家について!

ノーベル賞受賞で、

大村智教授についての
ニュースが連日放送されていますね!

徐々に、大村教授の背景が分かってきました!

 

今回は、大村教授の
プロフィール、家族、少年期、性格
などについて見ていきましょう!

スポンサードリンク


【大村智プロフィール】

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e7

名前  :大村智(おおむら・さとし)
生年月日:1935年7月12日
出身地 :山梨県韮崎市

 

【家族について】

大村教授は、
5人兄弟長男として生まれたそうです!

 

実家は、農家
牛、馬、鶏、豚などを飼育していて
家のお仕事をよく手伝っていたそうです。

 

暗くなり外でのお仕事が終わると、
綱をなう仕事をし、

冬になると、薪を取りにいき
お正月には、まき割りをしたそうです。

とにかく働き者だったそうです!

 

祖母からは、
人のためになることを考えなさい
といわれて育ったそうで、

その言葉通り、
勉学に励み、 ノーベル賞を取るまでの

偉業を成し遂げてしまいましたね!

スポンサードリンク


【どんな性格だったの?】

弟の、大村泰三さん(75)によると、

面倒見がいいとのことでした。

 

大村教授は、
弟の大学の学費を出してあげる
など、大変面倒見が良かったようです。

 

弟の学費や、家族のために、

平日の昼間は、大学で勉強しながら、
夜は、定時制高校で授業をしていたそうです。

さらに、土日は
徹夜で実験をして研究をつづけ、

アルバイトをして、仕送りもしていたとか。

 

長男としての責任感
とても強い方なのでしょうね。

スポンサードリンク


【奥さんについて】

大村教授の奥さんは、
すでに他界されているようです。

もう奥さんが亡くなられたのは
結構前のようですが、

弟さんは、
奥さんなしに、今の教授はない
と話していました。

ノーベル賞を取ったところを
見せたかったでしょうね。

 

でも、大村教授のまわりには、
喜んでくれる人がたくさんいるでしょうからね!

弟さんも、受賞当時は
1人で飛び跳ねて喜んだと語っていますし、

たくさんの生徒たちも、
誇りに思う」と話しています。

まだまだ現役で頑張ってほしいですね!

 

 

【おわりに】

昔に、いろいろ苦労してきただけあり

「少しくらい苦労は何ともない」
とよく言っていたそうです。

見習いたいものですね。

「大村智教授の性格や苦労時代とは?家族や実家について!」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。